鬼滅の刃|刀鍛冶の里なぜバレた?隠し方と見つかった理由、場所はどこかについても

鬼滅小話

鬼に襲撃されないように隠されている「刀鍛冶の里(かたなかじのさと)」。しかし上弦の鬼に探し当てられてしまいます。

なぜ場所がバレたのか気になった方もいるのではないでしょうか?

ここでは刀鍛冶の里がの場所がバレた理由、里の隠し方、里の場所についてご紹介します!

1 刀鍛冶の里なぜバレた?見つかった理由

刀鍛冶の里の場所が鬼にバレた理由は公式では明らかになっていませんが、考えられる説は3つあります。

・玉壺が見つけた

単行本12巻98話で玉壺が「情報を掴んだ」と言っていました。何のことかハッキリ書かれていませんが、「情報が確定したら半天狗とそこへ向かえ」と無惨から命じられています。

その後の流れからすると、玉壺が掴んだ情報とは刀鍛冶の里だと考えられます。

ただ玉壺には探索能力のある血鬼術はないため、自力で探したか鳴女が関係している可能性が…?

・鳴女が見つけた

鳴女とは無限城で琵琶を鳴らしていた鬼。鳴女の血鬼術のひとつに探索能力があります。

16巻136話では眼球を使って探知探索する描写があり、産屋敷邸の場所を突き止めたのも彼女でしょう。

鳴女の協力を得て、玉壺は刀鍛冶の里を探し当てたのかもしれませんね。

・獪岳が関係している? 

刀鍛冶の里がバレた理由として、獪岳が関係しているとの説があるようです。

獪岳は善逸の兄弟子。人間時代に裏切り行為を繰り返し、上弦の陸にまで登り詰めた鬼です。

元鬼殺隊の獪岳が、刀鍛冶の里についての情報を漏らしたのでは…?

しかし獪岳と刀鍛冶の里とのエピソードは一切

なく、また一般隊士だった獪岳が里の場所を知るはずがありません。この説はないでしょう。

玉壺自身が「情報を掴んだ」と言っているので、鳴女の協力も得ながら自分で探し出したのでは、と思います。

続いては刀鍛冶の里の隠し方についてです!

2 刀鍛冶の里の隠し方

刀鍛冶の里とは、鬼殺隊の主力武器である日輪刀を作る場所のこと。ケガの絶えない鬼殺隊を癒してくれる温泉もあります。

鬼に襲撃されるのを防ぐため、刀鍛冶の里の場所は隠されています。

案内されるときは隠(かくし)が目隠し・耳栓して背負われ、リレーのように一定の距離で次の隠にバトンタッチ。炭治郎のように鼻の効く隊士には鼻栓もします。

さらに道順も案内役の隠も頻繁に変更。上空から道順を案内する鴉も、隠と同じく頻繁に入れ替わります。

かなり厳重に隠されていることがわかりますね。

3 刀鍛冶の里の場所はどこ?

残念ながら刀鍛冶の里の場所は作中で明かされていません

なので場所が明らかな遊郭をもとに、刀鍛冶の里の位置を考察してみました。

鬼殺隊たちが吉原遊廓(東京都江戸川区)まで移動できる距離だと考えると、鬼殺隊の本拠地である産屋敷邸は関東地方あたりだと考えられます。

そしてその産屋敷邸から行ける場所にある刀鍛冶の里。おそらく関東地方・中部地方・甲信越地方のどこかに位置しているでしょう。

ちなみに「ここがモデルでは?」と言われている場所が全国にいくつかあるようです。

一部ですがご紹介します!

・法師温泉長寿館(群馬県)

山間に位置する温泉宿。まさに秘境という雰囲気で、ファンの間で有名なところだそうです。

・薬師温泉(群馬県)

こちらも群馬県で、山間の秘境が刀鍛冶の里を思わせる場所です。

・秘窯の里(佐賀県)

伊万里焼発祥の地だそう。絵付け等の技術が外部に漏れないよう匿っていた様子は、刀鍛冶の里に通じるものがあります。

4 まとめ

玉壺の自力探索と鳴女の血鬼術によって刀鍛冶の里の場所がバレたのでは?と考察してみましたが、いかがでしょうか。

ちなみにお館様のいる産屋敷邸はもっと複雑な方法で隠されているようです!誰が隠し方を考えたのか気になりますね。

まだまだ盛り上がりを見せる鬼滅の刃。今後も楽しみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました