鬼滅の刃|柱の強さランキング!公式の見解と生き残りメンバーは誰?

鬼滅小話

大人気漫画「鬼滅の刃(きめつのやいば)」。

中でも人気なのが「柱(はしら)」ですが、誰が1番強いのか気になったことはありませんか?

そこで今回は柱の強さランキングを考えてみました!

また、ランキングについての公式の見解や柱の生き残りメンバーについてもご紹介していきます!

1 鬼滅の刃|柱の強さランキング!公式の見解も。

公式での強さランキングはありませんが、公式ファンブックからは「腕相撲ランキング」が出ているようです。

腕相撲ランキングの結果はこちら!

1位 悲鳴嶼行冥

2位 宇髄天元

3位 煉獄杏寿郎

4位    不死川実弥

5位    冨岡義勇

6位    甘露寺蜜璃

7位    時透無一郎

8位    伊黒小芭内

9位 胡蝶しのぶ

ぶっちぎりの1位は悲鳴嶼、そして3位から6位の煉獄・不死川・冨岡・甘露寺はいい勝負だったとのことです。

そしてこの腕相撲ランキングや作中でのキャラたちの評価、そして「痣・赫刀・透き通る世界」の覚醒の有無をもとに柱の強さランキングを考えてみました。

柱の強さランキングはこちらです!

1位 悲鳴嶼行冥

2位 不死川実弥

3位 煉獄杏寿郎

4位 冨岡義勇

5位 時透無一郎

6位 伊黒小芭内

7位 甘露寺蜜璃

8位 宇髄天元

9位 胡蝶しのぶ

それでは9位から順に見ていきましょう。

9位 蟲柱・胡蝶しのぶ

鬼を殺せる毒を開発し、柱まで上り詰めた胡蝶。

押したり突いたりする筋力がズバ抜けて強く、突きの速さは水の呼吸・雫波紋突き以上だと言われています。上弦の弍・童磨は「今まであった柱の中で1番の速さかも」と胡蝶を評するほど。

しかし身体の小さい胡蝶は力が弱く、鬼の頸を斬れないことからこの順位と考えました。

8位 音柱・宇髄天元

絶対音感の持ち主である宇髄は、相手の攻撃動作を音に変えて「譜面」という戦闘計算式を作り出します。そしてその譜面をもとに防御や攻撃をしますが、譜面の完成に時間を要するのが難点。

上弦の陸・妓夫太郎からは「お前は生まれたときから特別なやつだったんだろう。選ばれた才能だ。」と言われるも、宇髄は他の柱ほど恵まれていないことを自覚しています。

それに対し「自分の実力などは正確に見ており、傲りはない」と悲鳴嶼が宇髄を評価していることからこの順位としました。

しかし毒に耐性のある身体や上弦の鬼にダメージを与える火薬玉など、元・忍の宇髄は忍術を役立てて戦いに貢献しています。

上弦の陸との戦いを勝利に導いたのは紛れもなく宇髄のおかげでしょう。

7位 恋柱・甘露寺蜜璃

強靭な筋力と、可動域が広くしなやかな身体を持つ甘露寺。

添い遂げる殿方を見つけるために鬼殺隊に入隊した甘露寺ですが、柱まで上り詰める実力の持ち主。師匠である煉獄からは「才能がすごい!」と評されるほどです。

刀鍛冶の里編ではひとりで上弦の肆・半天狗の攻撃から仲間を守り抜いた甘露寺。また痣の出現により身体能力をさらに上げました。

しかし甘露寺は戦術を考えるのが苦手で、感覚で戦っている場面が見られたため7位としました。

6位 蛇柱・伊黒小芭内

冷静な状況判断や分析力に長けている伊黒。無惨戦では炭治郎に的確に指示し、共闘する姿が印象的でした。

また煉獄からは「感覚が鋭い!肩、肘、手首の関節だけなら甘露寺よりも柔らかくしなる!」、炭治郎からは「同じ木刀なのに異様な曲がり方をする。まるで蛇みたいな剣技。」と評価。

狭い隙間でもぬるりと入ってくる伊黒の攻撃や、自信より力の強い炭治郎を押さえ込むなど、高度な技が光りますね。

また痣・赫刀・透き通る世界の全てにおいて覚醒しているため6位としました。

5位 霞柱・時透無一郎

刀を握ってわずか2ヶ月で柱まで上り詰めた、14歳の天才剣士。柱になるまでに早くて2年、普通は5年はかかると言われていることから、時透のすごさが良くわかるでしょう。

宇髄や煉獄も「すごい」「才覚がある」と絶賛しています。

刀鍛冶の里編では上弦の陸・玉壺を単独で倒しました。また無惨戦では上弦の壱・黒死牟から才能を見込まれるほど。

そして時透も痣・赫刀・透き通る世界の全ての覚醒しているため5位としました。

4位 水柱・冨岡義勇

血反吐を吐く程の鍛錬と努力の結果、柱まで上り詰めた冨岡は、煉獄から「努力家」と認められるほど。

また上弦の参・猗窩座からも「練り上げられた剣技だ、素晴らしい!」と絶賛されていました。

そして間合いに入った鬼の攻撃を無効化する壱ノ型・凪を独自に編み出し、防御力は抜群。

さらに無惨戦では痣や赫刀の覚醒もありました。

しかし煉獄や時透のような決定的となる必殺技がなく、相手にトドメを刺すための攻撃力にやや欠けると判断。そのため4位にしました。

3位 炎柱・煉獄杏寿郎

階級・甲の頃に当時の下弦の弍を単独で倒して柱となった煉獄。

無限列車編では下弦の壱・魘夢の攻撃から乗客全員を守り抜きました。

また上弦の参・猗窩座からは痣が出現していない状態にも関わらず「至高の領域に近い」と評されるほど。

柱のなかで1番先に亡くなった煉獄でしたが、決定的な必殺技があるため柱の中でも更なる強さを誇ると考えました。

2位 風柱・不死川実弥

不死川を2位にした理由は無惨戦での上弦の壱・黒死牟の発言からです。

「やりおる、肉体的にも技の全盛期と見た。この男たち(不死川と悲鳴嶼)が鬼殺隊の中で最も強い剣士なのだろう」という黒死牟のセリフからも、不死川の強さが伺えます。

愈史郎の札の能力をすぐに理解して使用したり、悲鳴嶼が赫刀を出したのを見て自分も出したりと、特性などの理解や適応の速さもポイント。

黒死牟の不規則な技に対しても回避する素早さはもちろんのこと、攻撃力も申し分ありません。痣出現後の不死川はさらに威力を増します。

そして不死川は鬼を酔わせる「稀血(まれち)」の持ち主。

以上のことから不死川を2位にしました。

1位 岩柱・悲鳴嶼行冥

ぶっちぎりの1位は悲鳴嶼ではないでしょうか?

「悲鳴嶼さんだけ匂いが全然違う」「間違いねぇ、アイツ鬼殺隊最強だ」と炭治郎や伊之助が言っていることから、悲鳴嶼は別格な存在だとわかりますね。

また黒死牟からは「ここまでの剣士は300年ぶり」とゾクゾクされたほど。

甘露寺が「悲鳴嶼さん早く来てくれないかしら」と言うことから、柱から見ても強く信頼のおける人物なのでしょう。

さらに痣・赫刀・透き通る世界の全ての覚醒している悲鳴嶼は、鬼殺隊最強で間違いありませんね。

続いては柱の生き残りメンバーについてご紹介します!

2 段落目:鬼滅の刃|柱の生き残りメンバーは誰?

最終話まで生き残った柱は冨岡義勇と不死川実弥、宇髄天元の3名でした。

ここでは3名それぞれの無惨戦以降についてご紹介します。

冨岡義勇

無惨討伐のため最後まで気力を保ち続けた冨岡。

無惨戦後の最後の柱合会議では、束ねていた髪をバッサリ切った冨岡の姿がありました。これは無惨戦で片腕を失い、髪を結ぶことができなくなったからだと考えられます。

そして最も印象的だったのは表情ではないでしょうか?

悲惨な過去から自分を責めた結果自信を失った冨岡でしたが、無惨戦後は穏やかに笑う様子が描かれていましたね。

不死川実弥

無惨討伐後、蝶屋敷で禰豆子に遭遇した不死川。

初対面で禰豆子を殺そうとした経緯もあり、そのときのことを「悪かった」と謝ります。

そして「寝るのが好き」という禰豆子の言葉に、無惨戦で亡くなった弟・玄弥を重ね頭を撫でる不死川。

今まで見たことのない、柔らかな表情がとても印象的でしたね。

宇髄天元

遊郭編で上弦の陸を倒した後、鬼殺隊から引退した宇髄。

しかし引退後も柱稽古を行なったり、無惨戦では煉獄の父・槇寿郎とともにお館様の護衛を務めたりと鬼殺隊の支援をしていました。

無惨討伐後は3人の嫁とともに炭治郎を見舞いに来ていました。

3 まとめ

今回は柱の強さや生き残ったメンバーについてご紹介しました!

どの柱もそれぞれの長所があり、特に3位から6位を決めるのが難しかったです。

柱の強さは読者のみなさんそれぞれの解釈によって異なってくると思います。みなさんはどうでしょうか?

ご自身でランキングを考えてみるのも楽しいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました